postheadericon 多々ある不妊の治療法

子供を望む方にとってなかなか妊娠をすることができないのはかなり辛いものです。
不妊症の定義とは、二年間、性行為があるにもかかわらず妊娠できないことを言います。
不妊症の治療法にはさまざまなものがあります。
自然妊娠を望むのであれば、タイミング療法やホルモン療法などもありますが、検査の結果、残念ながら自然妊娠が難しいといったケースもあるでしょう。
しかしそういった方も落ち込む必要はありません。
AIHや体外受精、ギフト法による治療を行えば子供を望むことができるのです。
AIHとは、女性の子宮の中にパートナーの精子を入れることによって、受精を手助けする方法です。
通常は男性が女性器の中に射精することによって受精することができるのですが、男性側に問題がある場合、それが不可能な場合があります。
精子数が少ない場合や精子の活動が低下している場合には、受精がうまくいきません。
そこで、女性の排卵日に合わせて、精液を採取し、精液を子宮の中に注入することによって受精させる方法がAIHです。
他にも体外受精という方法があります。
体外受精はARTと略されることもあります。
卵巣から卵子を取り出し、精子と受精させ、受精卵を子宮内に移植させることによって、妊娠することができます。
AIHの場合だと、精子のみを子宮内に入れているので、ARTの場合だと受精卵の状態で子宮内に入れているため、より確実性があります。
ギフト法とは体外に精子と卵子を取り出して、ミックスさせた状態で卵管に移植する方法です。
体外受精の場合には、確実に受精卵を子宮に戻すので、確実に妊娠することができますが、ギフト法の場合、うまく受精できるかどうかもわかりません。
しかし自然妊娠と同じような条件で受精できる可能性があります。